読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JESD | 日本うつ病就労移行支援協会 新横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 新横浜】の公式ブログです。

施設紹介|新横浜の就労移行支援・継続A型【個別支援型】

こんにちは。

新横浜の精神障がい者専門の就労移行支援・継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)新横浜の金杉です。

今回は、JESD(ジェスド)新横浜の施設や室内についてご紹介致します。

当事業所は、新横浜駅から歩いて7分ほど、横浜アリーナーの近くにございます。
事業所はオフィスビル6F、新横浜の中心オフィス街にあり、天気の良い日は丹沢や奥多摩の山並みが見え、見晴らしの良い場所にございます。
春になると目の前の鶴見川沿いの桜が満開に、また秋になりますと、紅葉が綺麗に見えます。
今の季節、天気の良い日は日当たりが良好で、当事業所から見る外の景色は最高です。

f:id:jesd_shinyokohama:20170413134318j:plain

この時期では、桜が満開になりとても綺麗ですよね。

JESD(ジェスド)新横浜では軽体操の時間で、ウォーキングの時間も設けております。
ウォーキングを行う事で、気分転換、運動不足解消にも繋がります。

室内では、就労移行支援・就労継続A型を区切って1フロアーで明るい雰囲気になっております。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415173416j:plain

全体の共用部では、雑誌・新聞紙・本等設置しております。
休憩時間、集中力を高めたい際にご利用出来ます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415173112j:plain

又、冷蔵庫・セルフドリンクバーも設けており、お茶・コーヒー・紅茶等ご自由に飲めます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415173841j:plain

就労移行支援のブースでは個別の席を設けて、人の目を気にしないで集中出来る様になっております。
1人1台のパソコンも設置しております。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415173142j:plain

掲示板には、ハローワーク障がい枠の求人を貼っております。例として、IT・福祉・事務・医療・作業・販売等の求人あり。更新された際は随時新着の求人を張り替えております。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415174217j:plain

就労継続A型のブースでは当事業所との雇用契約を結び、集団で作業が出来るブース・個室で集中出来るブースもご用意しております。

f:id:jesd_shinyokohama:20170415174317j:plain

JESD(ジェスド)新横浜では常時、リラックスが出来る様BGMがながれております。
いかがでしたでしょうか。
JESD(ジェスド)新横浜では随時見学・体験を承っております。
いつでもご相談にお越しください。

 

【横浜市指定 就労移行支援・就労継続支援A型事業所】

JESD(ジェスド)新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

お花見会を開催|新横浜の就労移行支援・継続A型【個別支援型】

こんにちは。

新横浜の就労移行支援事業所・継続A型事業所のJESD(ジェスド)新横浜の金杉です。

桜が満開の季節になりましたね。

JESD新横浜の事業所の目の前は鶴見川が流れており、その護岸は桜の遊歩道で有名なんですよ。

そこで、JESD新横浜が開所してはじめての春、【2017お花見会】を開催致しました。

この日は天候に恵まれ、良い天気。風が少し強かったのですが、春の陽気で暖かったです!

f:id:jesd_shinyokohama:20170408161737p:plain

今回、お花見という事でお弁当、ジュースをご用意し、外で利用者の皆さんとスタッフで一緒に頂きました。

f:id:jesd_shinyokohama:20170408162135p:plain

普段見せない笑顔を見せてくれる方、明るく饒舌に盛り上げてくれる方など、とても楽しく参加されたご様子でした。

f:id:jesd_shinyokohama:20170408164246j:plain

以前、JESD(ジェスド)新横浜に見学に来られたが、まだ利用をされていない方にも、交流する良い機会だと思い、お誘いのお声がけをしましたところ、喜んで参加して下さいました。

f:id:jesd_shinyokohama:20170408170049j:plain

はじめて会う方との話も弾んでいて、楽しく過ごされたご様子です。

お弁当は、横浜といえば崎陽軒、ということで期間限定の「おべんとう春」にしてみました。
普段からあたたかい昼食は無料で提供しておりますが、今回はお花見ということで特別弁当にしてみました。

旬の野菜等入っていて美味しそうですね。 

f:id:jesd_shinyokohama:20170408170129j:plain

食後は桜を満喫しながら、散歩しました。

f:id:jesd_shinyokohama:20170408170210j:plain

最後に皆さんで集合写真撮りました。

スタッフ含め皆様、とても良い表情ですね。

f:id:jesd_shinyokohama:20170408170228j:plain

お花見終わってから、午後から皆さんに訓練に励んでもらいました。

JESD新横浜はアットホームは雰囲気で個別支援を行っています。

今後もイベントを企画していきます。

就労継続支援A型を始めます|新横浜の就労移行支援【日本うつ病就労移行支援協会】

こんにちは。

新横浜にあります就労移行支援事業所、JESD新横浜の春日です。

JESD新横浜では、4月から「就労継続支援A型」をあらたに併設する形でスタートさせます。

でも、

「就労継続支援A型って・・なんですか?」

「なに??A型って・・・」

と、なりますよね。

しかもAがあるというなら、Bもあるってことです。

就労支援にはどんな種類があるの?

ちょっと調べてみたら就労継続A型、B型とは・・・

就労継続支援事業とは、 通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき,就労の機会を提供するとともに,生産活動その他の活動の機会の提供を通じて,その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業の事を言います。

雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類があります。

いろいろ種類があるとちょっと混乱してしまいますね、、ここで「就労支援」の種類をまとめてみましたので確認してみましょう。

【就労移行支援】JESD新横浜 就労移行支援事業

一般企業での就業や、仕事で独立することを目指す方が、自分に見合った職場への就職と定着を目指して行われるサービスです。

集中的な支援を行い、就職後もフォローアップをしていきます。

希望の就職ができるように、支援中は的確に就労の準備ができるように計画に基づいて支援を受けることができます。

【就労継続支援A型】JESD新横浜 就労継続支援A型

支援を受けながら働くための訓練を受けることができるサービスです。

施設と利用者の間で雇用契約を結び、労働基準法に準じた業務を行うことになっています。

利用者は就職したいけどなかなかできない人やほんのちょっとフォローがあれば働けるという人が中心になります。

【就労継続支援B型】

生産性にこだわらない、働く場の提供が目的です。

その方の状態に合わせて作業内容を調整することができるため、就職するにはハードルが高い方が対象です。

工賃が非常に安いため、生活費のためという範疇には入りません。

 

・・・ということですが、早い話は、A型は雇用契約を結ぶので賃金が発生します

B型は就労の機会の下で技能や能力をつけることが目的となります。
雇用契約を結びませんが労働に関わることで少なからず賃料は発生します。

f:id:jesd_shinyokohama:20170324114555j:plain

就労継続支援A型ではどんな仕事をするの? 

一般的にB型ではものつくりや、作業的な仕事が多いようです。
A型での業務内容にはどんなものがあるでしょうか。

・データー入力  PC業務
・検品
・ピッキング 梱包
・調理 作品作成販売

この他に施設外に出向いての掃除や、搬送などの仕事などもあります。

その事業所がどんな仕事に力を入れているのか、自分のやりたいことはそこにあるのかが選ぶポイントとなります。

JESD新横浜でのA型のお仕事内容は?

JESD新横浜は、学習塾が母体になっていますので、広告資料の準備の軽作業、テキスト作成のための打ち込みなど、事務業務が主となります。

もちろんその方のスキルに合わせた仕事をしていただくため、しっかりとアセスメントとレクチャーをさせていただきます

本社の仕事以外にも、他会社からの依頼された仕事もしていただきますので、様々な種類の仕事の経験ができます。

パソコンには自信がないけど、スキルを身に付けて今後の自分のものにしたい・・・

そんな方は、併設されている就労移行支援事業所でパソコンスキルなどを取得してから、仕事に就くことも可能です。

そんな柔軟なやりとりが、多機能型(就労移行支援と就労継続支援A型)ならではなのです。

実は、神奈川県や横浜でこの「多機能」を組み合わせた事業所は少ないんですよ。

自分のペースでじっくりと一般の会社へ就職する練習台としても、JESDの就労継続A型は十分お役に立てること間違いなしです。

ワンフロアーの明るい環境で、休憩のカフェコーナーも自由にお使いいただけます。

仕事もお一人お一人が集中して作業できる環境を用意しています。

スタッフもいつでもどんなことでも相談できる雰囲気ですので、ご安心ください。

f:id:jesd_shinyokohama:20170324114926j:plain

JESD新横浜の特徴って?他と何がちがうの?

JESD新横浜も皆さんに知っていただくようになってから、早いもので2か月目となりますが、ぼちぼち、見学の方、体験の方が増えてきております。

やはり相談内容で多いのは「資格の取得」についてです。

今回皆様の相談などでお話をさせていただいていると、世の中には本当に様々な資格があるのだなーということに驚かされています。

逆に私たちも、もっともっと資格取得のためにいろいろとアドバイスできるように精進しなければと!と気を引き締めております。

前回のブログでもご紹介しましたが、JESDは学習塾の強みで、資格取得の勉強の方法を熟知しています。

今回「簿記2級」はじめ「社会労務士」に挑戦する方がいらっしゃいます。

その方のペースに合わせてプログラムを作成し、無理のないようにサポートします。

資格取得はもちろんのこと、その方のゴールと今後の生き方についてのサポートをしっかりとさせていただきます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170324115152j:plain

どんな方がどのように利用されているの?

利用当初は、作業系の仕事に就きたいと話をしていた方です。

アセスメントすると、パソコンには興味があるということでした。

では、やってみましょう、、、電源スイッチはこれで、、、あとキーポジションで覚えるといいですよ、、、、とスタートしてみました。

はい、最初は「あ い う え・・・・」、おお!できるじゃないですか!!!

ご本人のツボに入ったようで、毎日集中して練習し、今はゆっくりではありますが、正確に文章作成ができるようになっています。

この方に合わせたオリジナルの課題を作成し、さらに上を目指して、今日も通所に見えられています。

できなかったことができるようになったり、新しいことを知るって、どきどきしたりしませんか。

仕事を選択する上でも、資格やできることを増やすことでいろいろな可能性が生まれます。

単に仕事に就くためだけでなく、自分になにか身に付けたり知識を増やすことって、大げさな言い方かもしれませんが、人生を豊かにしてくれると思うのです。

リワークとしてしっかりとした目標をもっていらっしゃる方は、ゴールを目指して、まずは直近の夏の資格試験に向けて計画的にノルマをこなしています。

・・・かと言って、資格勉強漬けみたいな雰囲気では全然ないのです。
そこがJESD新横浜のいいところ。

人間の集中力は何時間も維持できませんよね。長くだらだらとやっても、効果も出ないし疲れるだけです。

集中時間を短時間にし、自分の目標に達していけるように、スケジューリングしていきます。

ちょっとコーヒーブレイクの時には趣味の話に花が咲いたり、、、という感じです。集団でなにかやるという時間はほとんどありませんが、すべて自然体ですごしてもらうことに重きを置いています。

雑誌を自由に読めるように各種準備してあり、リフレッシュしてもらっています♪

f:id:jesd_shinyokohama:20170324121456j:plain

無理をせず、今日はちょっと黙々と勉強したいな、というときはその時間を重視し、話を聞いてもらったほうが整理できるなーというときはお茶の時間を作りましょう!という感じです。

f:id:jesd_shinyokohama:20161227131011j:plain

デスク環境はほぼ全面が窓に面しているので、顔を上げると6階からの広々した景色が飛び込んできます。

1日のうち、ボーっと何も考えない時間って脳をしっかり休ませることができるんですよね、私もしょっちゅう脳を休ませています(休ませすぎといつも言われていますが・・・)。

また、建物の隣の遊歩道の公園には桜の花の木があり、ちょっと気分転換に散歩もできます。今はかわいい桃の花が咲いています。🌸

f:id:jesd_shinyokohama:20161227113641j:plain

もちろんメンタルのケアに関してもしっかりサポートしていきます。

朝いらっしゃった際に、シートを利用しての自分のメンタルチェックをしていただき、職員との朝礼をマンツーマンで行います。

「昨夜全然眠れてなくて・・」という心配な話があると、すこーし体調を気にかけながら、見守りと課題量の調整をしていきます。

就職に向けてなにをしてくれるの?

こうして、日々の積み重ねで自分のスキルを上げていくための目標は!最終的に「就職」となります!!
面接対応やら、マナー研修はもちろんカリキュラムとして用意しております。

その前に、どんな職種の募集がどんな条件であるんだろう・・・ってことですよね。
JESD新横浜は港北区ハローワークまで5分徒歩圏内です。

密に新着情報をキャッチできるんです!

 

最近の募集について少しご紹介させていただきます。

《一般事務》

A会社:電気機械器具製造業

条件:フルタイム 年齢不問

業務内容:ネットワーク機器のサポートサービスなどの事務関係

在庫管理 納期調整など

賃金:基本給 200,000円~250,000円


B社:労働金庫法に基づく金融

条件:フルタイム(パートタイムも可) 年齢不問

業務内容:PC入力 書類管理

賃金:179,000円~

 

C社:コンピューター関係

条件:フルタイム 年齢不問

業務内容:ソフトウエア開発の下流工程など

賃金:170,000円~320,000円

 

《サービス関係》

D社:美容室フロント

条件:パートタイム

業務内容:受付接客 お会計 電話対応など

賃金:時給932円~

 

E社:オートバイ販売

条件:フルタイム

業務内容:店頭での接客

賃金:220,000円~410,000円

 

という感じですが、これはほんの一部です。

この前見学に行ってきた企業でなるほどと興味を持った会社がありました。

一つのフロアーに複数の企業がブースで区切られた部屋を借り、そこで障害枠の採用の方が就労するというシステムを展開している会社です。

提携している会社には、コスメ関係や一部上場の不動産ディベロッパーなどの企業が入っていました。

専門のサポートの方がいらして、障害を持っている方も安心して就労できる環境を提供しています。

就労移行支援でのスキルをこんな環境の下で活かしてもらえたらいいな、と感じながら見学してきました。

こういった企業との連携をとりながら、みなさんの就職のサポートに力を入れていきます。

やはり求人に対して、応募数も複数あるそうです。

企業としても少しでもいい人材を採りたいと考えるのは当然です。

就労移行支援や継続A型で自分のスキルと上げるために継続して通所できたことは、面接の際に必ず大きな自信となって表れるはずです。

選ぶ企業もその点を重視して採用していくはずです。

今までそういう面接やコミュニケーションに自信がなかった方も、JESD新横浜では無理することなく、できる範囲、またはその一人一人の可能性を引き出すようにサポートさせていただきます。

人はいつも同じ調子で頑張れるものではありません。

私だってそうです。

それをわかったうえで、自分のペースで少しずつ前へ進んでいける助けになるような、そんな場所でありたなと思っています。

f:id:jesd_shinyokohama:20170324121346j:plain

 

【横浜市指定 就労移行支援事業所・就労継続支援A型】

JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20161229130932p:plain

 

見学や相談内容はどんな感じ?|新横浜の就労移行支援事業所【JESD新横浜】

こんにちは。

横浜市港北区新横浜にあります、「個別支援型」就労移行支援事業所、JESD(じぇすど)新横浜のスタッフ、春日です。

 

最近 JESD新横浜には、週に平均3人から4人の相談や見学に来ていただいています。

就業中での仕事のお悩みをお聞きすることもあったり、日々皆様から教わることなども多々あります。

そんな中で今回は皆様からどんな質問が多いか・・ちょっとお伝えしたいと思います。

【よくある質問1】どんな資格がとれるのですか?

じっさい、開口1番にこの質問が実が多いです。

JESD 新横浜では就職に有利な資格の紹介をさせていただいています。

例えば、「医療事務」「簿記3級」「MOS」「FP(ファイナンシャルプランナー)」・・・と、これに挙げた以外に、相談者の方自ら「社労士」の資格にチャレンジしてみたい、「知的財産検定」はどうなの?などなど・・・・相談に来られる利用希望者の方が、いろいろと調べていらっしゃて知識も豊富なのには驚きました。

f:id:jesd_shinyokohama:20170106211741j:plain

 

JESDでは、資格は最終的に自分を守る鎧になると考えています。

相談に見えられる方の多くは、

「休んでいたけどもう一度仕事をしたい」

「人間関係で疲れていたので資格を取って家でできる仕事がしたい」

というように、「就業というゴール」を目指してスタートを切る方がほとんどです。

資格を取ることで、より有利な条件で就職が可能になり、その後の自分の人生にも大きく助けとなると考えるからです。

単に機械的にその方に資格を紹介するだけではありません。

JESD新横浜では、じっくりと相談者の方のお話を伺い、適性や条件、期間を考慮し、これを目標に!!という感じで計画を立てていきます。

やっていくうちに修正変更ももちろん柔軟に対応していきます。

【よくある質問2】どんな風に資格をとっていくの?

資格だけが目的なら、専門学校や通信添削を利用すれば良いですよね。

そこを、あえて「就労移行支援事業所で資格取得を目指しましょう!」とお伝えしているのはどうしてなのでしょうか?

実は、JESD新横浜を運営する法人は、自学自習をメインに据えた学習塾事業も運営していますので、勉強や個別指導の管理ノウハウを就労移行支援にも活かしています。

取りたい資格、その資格を取った場合の就業のイメージを持ってもつのは、モチベーション維持としてはとても大切です。

でも、資格取得といっても「勉強」となるわけですから、自分で時間を決めて、集中して日常的にやっていくというは、かなり強い意思がないと、3日も持ちませんよね・・・残念ながら(涙)。

そこでJESD新横浜に毎日、通所していただき、しっかりと資格取得を目標とした学習時間を確保する、最初から長時間でなくても良いので、毎日継続して学習を進める「習慣化づくり」のきっかけにしてもらいたいのです。

また、学習単元のポイントごとに的確なアドバイスをすることで、短時間で有効的に勉強が進むわけです。

中だるみしがちな時期もわかっていますので、その際もほどほどの激励で(笑)、前へ進むお手伝いをさせていただきます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170110152910j:plain

JESD新横浜は事業所の施設というよりどちらかというと、「会社」のようなフロア遣いになっています。

時間の管理もその方の体調や生活スタイルに合わせたものを作成していくので、安心してください。

また、集団活動はほとんどありませんので、自分の時間を有効に活用していただけます。

もちろん、都度のカウンセリングはじめ、自分気持ちの振り返りができるようなケア体制も整えてあります。

【よくある質問3】募集先とかあるのですか?

せっかく資格を取ったのに仕事がなければ意味がありませんよね。

今、大学入試でも障害枠があるように、仕事の上でも障害枠がしっかりと確保されています。

さらに、障害をもった方々が働きやすいように、あまり人間関係に煩わせないような環境を作って、十分に能力を発揮してもらえるような会社が増えています。

一緒に資格取得に邁進し、その後就職でも少しでも条件のいいところへ就いていただくことで、豊かな生活を送ってほしい・・・

そんな気持ちでJESD新横浜はスタッフ一同、サポートさせて頂いております。

【フリースペース感覚】の就労移行支援事業所、JESD新横浜

横浜市港北区新横浜にあります、就労移行支援事業所、JESD新横浜。

この施設は、就労移行支援事業所ですが集団訓練を特に行っておらず、利用者の方が利用したいタイミングにあわせて自由に自分のやりたいことができます。

★ゆっくり読書をして知識を整理したいとか、

★パソコンで情報収拾をしたいとか、

★資格取得を目指して勉強してみたいとか、

★もちろん、明るいスタッフと気兼ねなく話をしたいとか。

オフィスビル6階で眺望のきいた就労移行支援事業所は全国的に珍しいようです。

どうせなら、明るく開放的な雰囲気の施設を利用してみたいですよね。

見学は随時受け付けています。お電話でご予約下さい。

TEL 045-475-5355

f:id:jesd_shinyokohama:20161227114225j:plain

詳しい内容はホームページでこちら

f:id:jesd_shinyokohama:20170105200552p:plain

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20161229130932p:plain

 

双極性障害ですが毎日をどこで過ごしたら良いのか?|新横浜の就労移行支援【個別支援型】

こんにちは。

横浜市港北区新横浜にあります、「個別支援型」就労移行支援事業所、JESD(じぇすど)新横浜の丸山です。

躁うつ病などの双極性障害をお持ちの方の方に、こんな悩みは心配をお持ちの方はいませんか?

仕事を辞めてるけど家庭がある男性のケース

双極性障害Ⅱ型と診断されて、仕事を辞めて療養している、家族持ちの40代の男性です。

仕事をすぐに探す気になれず、気長に療養して、そのうち仕事探しをしていきたいと考えています。
特に趣味があるわけでなく、またあまりお金を使うこともできないので、出費がかさむことができません。

家でテレビを見たりゴロゴロしている日もありますが、ご近所付き合いの手前、仕事に出かけず家ばかりにいるのも体裁が悪く、仕方なくスーツ姿で図書館や漫画喫茶とかに出かける日が多くなっています。

双極性障害を持っていることを理解してくれる方が集まっていて、気分転換に話をしたり、本を読んだりして自由な時間を1日過ごせる場所があればと良いかと思っています

そんな場所をご存知だったら教えてください。

f:id:jesd_shinyokohama:20170123183336j:plain

双極性障害Ⅱ型だと一見、症状が軽いように思われがちですが、ハイな状態と落ち込んだ状態をコントロールするのが難しく、再発が多いとも言われています。

この男性だと家でのんびり過ごしたいというのが本音のところでしょう。

でも40代、まさに働き盛りと言われている年代、まして家庭を持っているならご近所付き合いの目も気になるところですよね。

さらに、一日中家に夫がいるとなると、さすがに奥様も気疲れしたりして、些細なことから言い争いといった、不用意なけんかになることへ発展してしますかもしれません。

自分自身はまだしも、家族に迷惑をかけたくないという思いから、外に気軽にいける場所がないか、いわゆる、自分の「居場所さがし」というわけですね。

こんな時は、最初に思い浮かぶのが、精神科のデイケアでないかと思います。

デイケアではグループ活動を中心としたプログラムに参加をすることで、対人関係やコニュニケーションの力を回復させていく、あるいは生活リズムを規則正しいものにする目的に運営されています。

でも、デイケアに行くのをためらってしまう人も多いのでは。

グループで自己紹介するようなプログラムは気恥ずかしい・・・

対人関係やコニュニケーションはそこまで問題があるわけではない・・・

症状が落ち着いているときは健全で、デイケアでプログラムに参加し、症状が重い人と接することの方によって、逆に症状を悪化させてしまう・・

そういったときには、就労移行支援事業所を活用されるのが良いと思います。

就労移行支援事業所をご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

就労移行支援事業所とは、国の法律に基づき、障害のある方が一般企業へ就職するにあたってサポートをする通所型の福祉サービスです。

障害者手帳の有無にかかわらず、医師の診断や地方自治体の判断で就職が困難でサービス利用が適していると認められる方が利用できます。

利用料は利用者の所得や市県民税の支払額によって、自己負担額が異なりますが、概ね無料となる方も多いようです。

就職へのサポートがサービス提供の目的であることから、メンタルケアといたことはもちろん、パソコンスキルや資格取得といったビジネススキルを身に付ける支援をします。

この男性の場合は就職を将来希望しているわけですから、なおさら就労移行支援事業所が適しています。

就労移行支援事業所は、多くの施設では集団訓練ということでグループでディスカッションしたり自己紹介したりといった、コミュニケーションの訓練(俗にいうソーシャルスキルトレーニング:SST)を行なっています。

こういった集団訓練だとデイケアと同じ感じになってしまうので、通所する意欲が下がってしまうかもしれません。
ただ就労移行支援事業所の中には、個別支援プログラムを立てて、集団訓練を前提とせず個々の好きか時間やペースで施設を利用できる事業所もあります。

これだと、今まで図書館や漫画喫茶に行っていた時と同じように自由な時間を過ごすことができます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170123184742j:plain

とは言え、双極性障害のことを理解している人とたまには会話を楽しみたいし、気兼ねなく病気や仕事、家のことを愚痴ではないが話を聞いてくれる人がいてくれると、気持ちも楽ですよね。

就労移行支援事業所は、そういった障害について詳しいスタッフが運営しているところが多いですので、会話にも快く付き合ってくれます。

寂しい思いをしている専業主婦ケース

躁うつ病の専業主婦です。
毎日時間を持て余して暇にしており、寂しくて仕方ありません。
普段はいつもお買い物をするくらいしか用事がありません。
家事も、細々としたことはできず、せいぜい洗濯・掃除くらいしかできません。
誰か話す相手がいれば良いなあと思うときもありますが、友達も忙しくして話す時間があまりありません。
それに意味にない電話をかけて迷惑をかけてしまうこともたびたびあります。
どうしたら前向きに生きていけるのでしょうか?

専業主婦で家事をこなしているのは、立派に仕事をしているのと同じくらい認められるべきことですよね。

その意味では前向きに現時点でも生きています。

ただ、ちょっと外に出てみて少し違って視点で自分を見つめてみたり、日々の生活をとらえ直してみると違って面白さが見えてくるかもしれません。

とはいえ、自分が病気を持っていると気になると、パートで働きにいく自信がちょっと持ちにくいですよね。

パートや、あるいは趣味が特にないとすると、外に出る機会もなかなかないので、電話で話すことに頼ってしまいます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170123185404j:plain

そこで、こんな場合はデイケア、あるいは就労移行支援を利用されてみたらどうでしょうか?

同じように精神疾患を抱えている方も通われているのでお互い大変な思いをしているのは共感できますし、その分気兼ねなく話ができると思います。

電話と違ってフェイスツーフェイスで面と向かって会話するのもたまには良いと思います。

ただデイケアの場合にはグループ活動としてのプログラム参加が必須の場合が多いですので、あまり見ず知らずの人と話すことに抵抗がある際には利用は難しいかもしれません。

その分、就労移行支援事業所では、たまには、話がしたいなあと思ったら、さきほどの男性のケースと同じで病気のことを理解しているスタッフとの会話も楽しめます。
もちろん、個別訓練プログラムを立ててその人が学んだり身に付けたいことを進めていくことができます。

仮に現状は就職を考えていなかったとしても、何かを学んだり身に付けたりしてみた先に、もしかしたらパートでも良いので仕事をしてみたいという思いが生まれるかもしれません。

仕事をしてみたいという気持ちが生まれないといけない、生まれなかっただダメということではなくて、外とより関わってみたいという思いが生まれるかもしれないきっかけづくりだと思えば、気軽に就労移行支援事業所を利用できるかもしれません。

最近では、テレワーク(在宅勤務)という新しい働き方も出てきているので、スキルがあれば、そんな仕事の仕方も有りかもしれませんよね。

詳しくはこちらのブログを読んでみてください。

blog-shinyokohama.jesd.jp

フリースペース感覚の就労移行支援事業所、JESD新横浜

横浜市港北区新横浜にあります、就労移行支援事業所、JESD新横浜。

この施設は、就労移行支援事業所ですが集団訓練を特に行っておらず、利用者の方が利用したいタイミングにあわせて自由に自分のやりたいことができます。

★ゆっくり読書をして知識を整理したいとか、

★パソコンで情報収拾をしたいとか、

★資格取得を目指して勉強してみたいとか、

★もちろん、明るいスタッフと気兼ねなく話をしたいとか。

オフィスビル6階で眺望のきいた就労移行支援事業所は全国的に珍しいようです。

どうせなら、明るく開放的な雰囲気の施設を利用してみたいですよね。

見学は随時受け付けています。お電話でご予約下さい。

TEL 045-475-5355 

f:id:jesd_shinyokohama:20161227114225j:plain

 

f:id:jesd_shinyokohama:20161227131011j:plain

詳しい内容はホームページでこちら

f:id:jesd_shinyokohama:20170105200552p:plain

【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20161227120137p:plain