読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JESD | 日本うつ病就労移行支援協会 新横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 新横浜】の公式ブログです。

ノロウィルスとインフルエンザに注意する時期ですね|新横浜の就労移行支援【個別支援型】

こんにちは。
横浜市港北区新横浜の、「個別支援型」就労移行支援事業所、JESD(ジェスド)新横浜です。

今日は、毎年この時期話題となる、「インフルエンザ」と「感染性胃腸炎(いわゆるノロウイルス)」について少し書いてみます。

横浜市はインフルエンザ流行注意報が発令

まずはインフルエンザから。

いよいよ流行の兆しが出てきました。横浜市衛生研究所(こんなすごそうな施設を横浜市は持っているんだあ!)では、横浜市インフルエンザ流行情報を定期的に出しています。

それによると2016年12月28日、まさに今日付けの最新版(6号)では、インフルエンザ流行注意報が横浜市全体に発令されたとのことです。
全国と傾向は同じで、AH3型、いわゆるA香港型が圧倒的に多いとのことでした。

昨日は強い雨が降りましたが、毎日晴天が続いています。
空気が乾燥してウィルスが浮遊し、感染力が高まります。

予防として・・・

・予防接種をしましょう。


・手洗い・うがいは励行に 。
外出先から帰ってから必ず行いましょう。又、インフルエンザはアルコール消毒に弱いので手洗い後、アルコール消毒も行うと良いと思います。

・マスクの装着をしましょう。
インフルエンザは感染者による接触乾癬・くしゃみ、咳の唾液による飛沫感染でうつりやすいので予防としてマスクをしましょう。

・室内乾燥予防に努めましょう
空気が乾燥してると、ウィルスが浮遊し感染力高まりますので湿度を低めにしましょう。

ちなみに、スタッフの私は、去年インフルエンザの予防接種しましたが、インフルエンザに感染してしまいました。ですので予防接種しても、マスク・手洗い・うがいは行って行きましょう。

横浜市はなんとノロウイルス流行警報が既に発令

次は感染性胃腸炎。

こちらはインフルエンザよりはさらに重大、注意報でなく、流行警報が12月8日に既に発令されていました。
確かに周りの人でノロウイルスで大変な思いをしている人が多いなあと思っていたところでした。

そんなわけで、改めてノロウィルスの予防について確認。

http://igs-kankan.com/article/imamura3_650.jpg

予防として・・・

やっぱり、こまめに、手洗い!に限りますね。

おおげさかもしれませんが、何か触ったら手を洗いましょう。ドアノブ、テーブル、便器等多くの人が触れた所はノロウイルスの菌が潜んでます。

①汚染された、排泄物・嘔吐物を触った接触感染
②汚染された排泄物を便器に流す際の飛沫感染
③汚染された排泄物・嘔吐物の処理がきちんと行えてない空気感染

これらの3つが原因で感染してしまいます。その他にも、カキ、ホタテ、アサリの加熱不十分により感染してしまう事があります。

 

ノロウイルスのもう少し詳しい対処法

ノロウィルスはアルコール消毒が効果なく、次亜塩素酸が効果があります。

この次亜塩素酸とは・・・

市販でノロウィルスに効果がある消毒剤もしくは、ご家庭にあるキッチンハイターでも対応が出来ます。

また、身内・周りでこの時期突然下痢・嘔吐したら・・・

★服装として・・・

・嘔吐物をふれない様、帽子を着用しましょう。
・マスクを着用しましょう。
・使い捨てタイプの長袖、ふくらはぎ迄の長さのエプロンを着用しましょう。
・使い捨て手袋は破れやすい為、直接手で触れない様、使い捨て手袋(ディスポ)は二重に装着しましょう。
・嘔吐物は直接踏まない様、スリッパの上に、使い捨ての靴のカバー、もしくは、ご家庭にあるスーパーの袋をスリッパの上から被せましょう。


★嘔吐物の場合・・・

①嘔吐物の上に、ご家庭にある新聞紙、ペーパータオルを広く覆い、その上から次亜塩素酸をかけ10分以上置いときましょう。その後、嘔吐物が周りにはねない様、ビニール袋に入れて回収しましょう。ビニール袋は穴が開かない様2枚使用した方が良いと思います。

嘔吐物回収後、室内歩き回ると、ノロウイルスが広まってしまう為歩き回らない様にしましょう。

 

②床の上に綺麗なペーパータオルもしくは、新聞紙に次亜塩素酸をかけて、その上で足踏みをし、靴カバー脱ぎ、次亜塩素酸にかかった物をくるんで、新しいビニール袋に捨てましょう。又そのまま、手袋を一枚裏返しにした状態で外し、裏返しの状態で使い捨てタイプのエプロンを外し、使い捨ての防止、マスクを外し捨てましょう。
最後に大きいレジ袋等に、②の物を入れ最後に2枚目の手袋を裏返しにした状態で外しその中に入れ処分しましょう。

③最後に手指を綺麗に洗い、換気を行いましょう。嘔吐すると脱水になりやすい為水分補給を行って下さい。


★下痢の場合・・・

①便座の蓋をし流しましょう。
②換気を行いましょう。
③次亜塩素酸でトイレのノブ、床を消毒しましょう。

ノロウイルスは、片づけ、対応を間違えると拡散し、感染者が増えますので気を付けて対応していきましょう。

又ノロウイルスの感染力は強いので、身内に感染者がいたら、隔離をし、自身がうつらない様隔離をしていきましょう。又関わる際は、マスク、使い捨てのエプロン・手袋・帽子を着用し、細心の注意を払いましょう。

これから年末年始を迎える時期、多くの人が集まる場所に行くことも多いと思います。是非、気持ちの良い新年を迎えるためにも、対策はしっかり頭に入れておきたいですね。

 

【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20161227120137p:plain