JESD | 日本うつ病就労移行支援協会 新横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 新横浜】の公式ブログです。

就労移行支援でこそ資格取得が大事な8つの理由|新横浜の就労移行支援【個別支援型】

こんにちは。

横浜市港北区新横浜、「個別支援型」の就労移行支援事業所、JESD(じぇすど)新横浜です。

就労移行支援事業所に通おうかどうしようかと悩んでいる方や、またすでに事業所に通っている方には、就労実現に向けて資格を取得するのが大切だと考えている方が多いことでしょう。

 

それでも、資格取得に興味がある方には、こんな思いはありませんか?

  • 「就労移行支援事業所のスタッフが、資格取得が大切だとアドバイスするが、本当のところ、どれだけ大切なのかピンとこないんだよね・・・」
  • 「資格といってもたくさん種類があって、何が自分に向いているか分からにないなあ・・・」
  • 「資格取得のための勉強を最後までやり遂げられるか自信がないから気が進まない・・・」

 

就労移行支援事業所は全国すみずみまでたくさん存在しf:id:jesd_shinyokohama:20170106211741j:plainています。

各事業所が独自の考え方や方針、プログラムをもって、普段から利用者さんの支援にあたっています。

そこで今日は、わたしたち、JESD、日本うつ病就労移行支援協会での、「資格取得に関しての考え方やアドバイス」などをまとめていこうと思います。

JESDが資格取得を大切だと考える8つの理由

就労移行支援事業所の中には利用者さんの資格取得について積極的に取り組んでいるところもあります。

ただ、利用者さんの中には資格取得が必要だと事業所スタッフが言うけど、「どうして必要なのか・・・?」と、よく理解できずに毎日の訓練や勉強をがんばっている方もおられると思います。

資格取得は正直言うと大変です。

でも実現不可能な、できないことでは資格取得は決してありません。

そんな大変な勉強に向かう際に、それを続ける気持ちやモチベーションがしっかり固まっていないと、途中でくじけてしまうことになりかねません。

「あ・・・やっぱり自分はダメなんだあ・・」と思ってしまうかもしれません。

わたしたちJESDは、誰よりも真剣に就労の実現に向けて考えて、勇気をもって一歩踏み出した方が、そんな残念な思いをしてほしくはありません。

JESDでは、利用者さんの資格取得は、利用者さんが就労を実現させていくには大変重要なステップだと位置づけています。

だからこそ、「なぜ資格取得に向かうことが大切なのか」を、しっかり認識してもらい、その思いを取得できる最後の最後まで持ち続けてほしいです。

わたしたち、JESDが資格取得が大切だと考えている理由は8つあると考えています。

  • (理由1)物事を自ら学ぶ姿勢
  • (理由2)見知らぬ領域へ一歩踏み出した勇気
  • (理由3)継続して勉強を実行できた精神力
  • (理由4)物事を身に付けるには不可欠な目標設定
  • (理由5)勉強で培った読解力・注意力
  • (理由6)計画性をもって勉強を続けた管理能力
  • (理由7)制限された環境で結果を出した自信
  • (理由8)仕事をするスキルを身に付けたという証明

 

資格取得が大切だという理由の説明として、理由8の「仕事をするスキルを身に付けたという証明」をあげることが多いですし、それを最初にあげることでしょう。

たしかに資格とは証明であるのは間違いありません。

就労移行支援事業所に利用される方が忘れてはならない本来の目標は、「就労を実現に限らず、その後の継続した勤務」ではないでしょうか。

そう考えたとき、資格取得を「スキルを身に付けた証明」としてだけとらえるのではなく、もっと広く深い意味でとらえた方が、意欲も高まり、物事、さらには自分の生活に対する向き合い方まで前向きに変わってくるように思えてならないのです。

そんなことを意識してもらいながら、理由を1つずつ見ていきましょう。

(理由1)物事を自ら学ぶという姿勢

就労移行支援事業所を卒業して就労を実現し、実際に職場で働くようになっても、それがゴールではありませんよね。

職場の先輩や同僚から、仕事の進め方などを教わっていき、スムーズに仕事をこなしてこそ、やっと職場の一員になれるわけです。

職場の方から仕事を教えてもらってマスターできることもたくさんあるでしょうが、でもゼロから十まで、すべてを教わることは難しいですよね。

自分から積極的に手順書を見て確認したり、実際の現場で考えたりしながら仕事を毎日していくことになります。

そんな仕事の姿勢も、ある意味では「勉強、学習」ですよね。仕事をはじめてからでも「学ぶ姿勢」というのは、とても大切なんです。

もしかしたら、他の同僚と比べて、仕事の進め方が遅かったりコツがつかめなかったりして、自信が持てない人もいるかもしれません。

でも、自ら学ぶという姿勢があれば、結果は必ずついてきますし、周りの人たちも協力してくれるはずです。

資格取得というのは、まさに自らが学ぶ、学びたいと思うことから始まります。そんな学ぶ習慣づくりとして、資格取得というのは良い機会ではないでしょうか。f:id:jesd_shinyokohama:20170106212624p:plain

(理由2)見知らぬ領域へ一歩踏み出した勇気

 自分が今まで知らなかったことを学んで身に付けるというのは、結果だけみると素晴らしいことだし、面白いと感じる人も多いことでしょう。

でも、人は未知の分野に対しては一方で恐怖や心配を抱くのも、実は当然の心理なんです。

資格取得もまさに同じです。

「知らない知識や技術、スキルを本当に自分は身に付けられるのだろうか・・・?」と、心配になり悩むこともあるかもしれません。

でも、一歩勇気をもって踏み出したあなたは、本当にすごいチャレンジをしているのだと思いませんか。

そう思えるようになったら、生きていることにも前向きになれるようにも思えるのではないでしょうか。

(理由3)継続して勉強を実行できた精神力

資格取得というのは、一朝一夕、すぐに実現できるものではありませんよね。

一定の長い時間にわたって続けていくことが、資格取得の最短ルートなんです。

でも、物事をコツコツと継続して続けていくことが大変だと感じている人も多いことでしょう。

勉強していても、すぐに覚えられないとか理解できないといった内容もたくさんあるはずです。

「この間、しっかり理解して覚えたはずなのに、もう忘れてしまったよ、とほほ・・・」、みたいな思いは、だれでもするはずです。

そんなつらい思いをはねのけて、継続して勉強するには、しっかりした精神力が必要だと思います。

逆に言えば、資格取得ができたときには、自分の精神力が一回り強くなったという証ではないでしょうか。 

(理由4)物事を身に付けるには不可欠な目標設定

 何事も目標を設定することなく、「ただなんとくなく」やっているというのは、あまりはかどらなかったりしませんか。

勉強も同じこと、いくら就労の実現に大切だと言葉で分かっていても、あまりに遠い目標を見据えて継続しつづけると、人は息切れしてしまいます。

努力すれば手が届きそうな目標を1つ1つこなしていくことで、大きな目標が実現できると思います。

そんな目標設定をする習慣は、資格を取得するという過程で十分身に付きます。

もちろん就労を実現させて仕事をするようになっても、この目標設定という意識や習慣はとても役に立つのは言うまでもないでしょう。

(理由5)勉強で培った読解力・注意力

資格取得で学ぶ内容は、自分には未知な分野であることが多いですよね。

たいがいは本を使って勉強していくのですが、未知な分野ですから、注意深く本を読み進めたりしていくことが必要だったりします。

文字で書かれた内容を読み解いて理解にしていく、まさに読解力が問われているわけです。

学校以来で久しぶりに学ぶという人もいると思いますが、そんな人にとって文字を読むというのは慣れていないと、ちょっと大変かもしれません。

でもさきほど書いた理由1のように、学ぶという姿勢は、就労を実現して仕事をはじめてから、とても大切になってきます。

そんな時に、資格取得のために勉強してきた過程で身に付けた、読解力や注意力は、仕事をしていく上でもとても大切になってきます。

(理由6)計画性をもって勉強を続けた管理能力

一定の長き期間、勉強を継続していく上で、行き当たりばったりな勉強の仕方では、効率も良くないですし、いくら強い精神力を持っていても大変なストレスだったりしますよね。

「物事には計画性が大切だ」と多くの人が言っていますが、資格取得での勉強も同じです。

必ず試験日というのが資格試験にはありますので、その試験日から逆算して、いつまでに何をマスターし、仕上げておく必要があるのか、だから今は何をしなければいけないのかを考えておくことが大切です。

こればまさに、「計画性」ですよね。

そんなことでいえば、仕事を進めていくにも、まさに計画性が大切なんだあと推測がつきませんか。

f:id:jesd_shinyokohama:20170106214738j:plain

(理由7)制限された環境で結果を出した自信

資格取得の際には、大半は「試験」を受けなければいけません。

学校でも定期試験を受けてきたでしょうが、制限時間が決まっていて、その時間内に回答を終えないといけなかったですよね。そんなとき、プレッシャーを感じたことはありませんか。

普段はすぐに思いついたり思い出せたりする内容も、プレッシャーがかかると、なかなか思い出せなかったりしてしまうことも多いのでは。誰しも少なからず経験することでしょう。

それでも、資格取得のためには一定の成績をおさめないと「合格」「取得」とはなりませんよね。

逆にそんな試験でのプレッシャーをはねのけ、試験を突破して合格できたときは、大きな自信につながっていくと思います。 

(理由8)仕事をするスキルを身に付けたという証明

資格取得は当然のことながら、学んできた内容がマスターされたという証ですよね。

資格で学んだ内容が仕事に結びつくことも多いですので、仕事を進めるスキルが身についているという証明になるわけです。

JESDでは資格取得を積極的にサポート、応援します!

このように、理由を1つずつ考えてみていかがでしたか?

資格取得というのはその結果だけでなく、資格取得のために勉強していく過程の中で、身に付けたり鍛えられたりすることがたくさんあるのがお分かりになると思います。

それは、仕事をするためだけにとどまらず、日々の生活に対する向きあい方や考え方まで前向きにとらえることにつながると、JESDでは考えています。

そのため、JESDでは利用者の方で資格取得を考えておられる方へ、サポートや応援をスタッフ一丸で行っています。

JESDスタッフは様々な資格を有しています。

例えば、医療事務保育士、パソコンスキルとしてのMOS検定、英語のTOEICといった身近なものから、日商簿記宅地建物取引主任者、さらに最難関資格と言われているCPA、公認会計士中小企業診断士まで。

1つの就労移行支援事業所が、ここまで各種資格を有したスタッフがいるのもJESDならではの「強み」です。

資格の活かし方や勉強の進め方など、ご相談はいつでも対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。 

 

詳しいホームページはこちら

f:id:jesd_shinyokohama:20170105200552p:plain

 

【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20161227120137p:plain

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。