JESD | 日本うつ病就労移行支援協会 新横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 新横浜】の公式ブログです。

就労移行支援事業所を選びは慎重に!|新横浜の就労移行・継続支援A型【個別支援】

新横浜の就労移行支援事業所、継続A型事業所のJESD(ジェスド)新横浜の支援員の丸山です。

JESD新横浜が横浜市から指定を受けて、就労継続支援A型がスタートして、おかげさまで2か月が経過しました。
仕事量に合わせて採用活動をさせていただいていますが、事務系のA型事業所ということもあり、連日多くの方からご応募いただいております。
ありがとうございます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170708161409j:plain

 

就労移行支援事業所を利用できる期間は原則2年間です。

最近、JESDへのA型応募に、就労移行支援事業所の利用期間2年を間もなく終える、あるいは終えられた方の応募が多くみられます。

そんな中で、気になることが・・・

それは、
残念ながら、オフィスワークとしてのパソコンスキルがあまりに身についていない、でも就労移行支援事業所に長く通っていたご経歴がある障害者が多いことです。

ほんとにあった残念な面接・職業体験の事例

先日、こんな応募が継続A型にありました。

ある就労移行支援事業所を2年間通われた方が、支援事業所の支援員と一緒に見学・面接に来られました。

今までの職務経歴や、あるいは就労移行支援での訓練内容を踏まえて、現在のパソコンスキルの話になったところ、
障害者のご本人は、
「パソコンスキルはワードも、エクセルも、パワーポイントも完璧です」と強くお話になられました。

訓練内容を踏まえて就労移行支援事業所の支援員にも確認したところ、
「うちの事業所ではばっちり訓練しているので、JESDさんでの事務系業務は問題ないです」と、
この方も強くお話になられました。

この障害者のご本人は資格としてMOS検定をお持ちでなかったので、お持ちでない理由をご質問すると、
「MOSは検定料が高く受けなかった、就労移行の支援員の方も、自分には全然できるし問題ないと考えています」
というお答えでした。

こちらも仕事内容を伝えているので大丈夫だと思ったのですが、
仕事以外にも就労継続A型ですでに働いている方とうまく協調性をもって働くことができるか、
また1日5時間の利用時間で実際4時間勤務してもらうのが可能なのか確認したかったので、実際に職場体験をしてもらうことにしました。

事前の申し出を受けて、模擬的仕事としてエクセルのデータ整理として、足したり引いたりといった基本的な四則演算をする表を作ってもらい、その上でデータ入力をしてもらうことにしました。

職場体験当日の朝、最初にデータ整理の話をして早速始めてもらおうとしたところ、障害者の方がパソコンの前でしばらく固まってしまいました。

マウスを動かしているのですが、顔つきもみるみる険しくなってしまい、表情も暗くなってしまいました。

こちらが、「どうしたのですか?大丈夫ですか?」とお聞きしたところ、

「エクセルの四則演算はどうやったらいいか分からない、事業所でやったのはサム関数だけです」という答えでした。

え・・・、ほんとですか?全部使えると言っていたし、支援員もそのように答えていたはずなのに・・・

体験後に、訓練内容をよくよく聞いてみたところ、その就労移行支援施設は発達障害をお持ちの方に特化した訓練プログラムとして、ひたすらタイピングで打ち込み訓練をしており、それを以ってパソコンが使えると判断したとのことでした。

ちなみに、体験に来られた方の病状は、躁うつ病と強迫性障害が少しあるといった感じです。

結果、その日の体験業務は急遽変更し、結果的にチラシを折ったり袋に詰めたりする作業に切り替えてお帰り頂きました。
その日の振返り面談で、この障害者の方がお話されたのは、
「自分は事務系の仕事がしたく、就労移行支援事業所で今までの訓練してきたのですが、今のスキルでは事務系の仕事は、とてもでないが通用しないし、違う仕事を考えて就職活動をしないと、仕事に付けられない・・・」

と、途方に暮れた感じでお帰りになりました。

この方は、就労移行支援事業所を2年使い終えてしまいました。

今後、この方がどのように就職活動を進めて希望の職業につけるよう、どのようにスキルアップをしたらよいのかと思うと、同じ支援をする者として、残念な思いばかりが募ってしまいました。

ちなみに、この方が2年間通っていた就労移行支援事業所は、全国にたくさん施設がある、誰もが知っている大手の施設です。JESD新横浜より、長い期間に多くの支援に携わっているはずなのに、どうしてこんな事情になってしまったのかと思うと、とても悔やまれました。

JESDの就労継続支援A型って!!こんなところです。

先ほどの残念な実例ほどではないのですが、程度の差はあれ、同じような事例は実は多いのです。

JESDの就労継続支援A型では、主にパソコンを使った事務業務をしていただくことになります。

面接時にPCのスキルなど確認しますが、PCができると文字が打ち込めるは少々温度差があるように感じられます。

パソコンができる=早く文字を打てる、

ではありません。

もちろん、正確に早く文字入力をすることも大事ですがそれはほんの一部のことです。

PCの仕事をする際も、この入力が最終的には仕事のどの部分につながっているかを理解していく必要があるわけです。

PCスキル取得も個人差が大きく、個別プログラムでしっかりのその方の能力に応じて対応してくれる移行支援事業所の体験を通してしっかり、自分に合った就労移行支援事業所を選ぶことが大事だと思われます。

 
就労継続支援A型とは・・・
 一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識を能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを提供することを目的とします。

と、簡単に言えば障がいがある方を雇用して仕事をしてもらうということです。
JESDでは、雇用というシンプルな関係というより、その方の人生、生き方を再度見直してもらうことに重きをおく、ちょっと他とは違う事業所なのです。

多彩な仕事内容をしてもらうJESD新横浜の就労継続支援A型

ちょっとここでJESD新横浜 就労継続A型をご紹介させていただきます。

 

f:id:jesd_shinyokohama:20170708162322j:plain


赤本が・・え?・受験💦・・するの??・( ゚Д゚)・

安心してください。受験勉強ではありません。

主な仕事は大学受験で使用する参考書の整理をしたり、解答の打ち込み編集等々のお仕事をしていただいています。
サクサク・・・みなさんスキルが高いので・・・サクサク・・仕事が進みます。

赤本でちょっとドキッとした後は・・

f:id:jesd_shinyokohama:20170708162504p:plain f:id:jesd_shinyokohama:20170708162530p:plain

この花の置物ご存知ですか??
きれいですよね。
  

これはプリザーブドフラワーと言います。
生花をブリーチして保存する技法の花のオブジェです。就労継続支援A型で採用させて頂いた利用者の方に、プリザーブドフラワーを作成できる方がいらしたのです。
「こんなの製作して販売できたらいいよね〜」、、、という何気ない会話から始まりました。
ではちょっと原価を計算してやってみましょうよ!!ということでスタート。
今ではネットの販売網を活かして、作品のサンプルを増やしているところです。

f:id:jesd_shinyokohama:20170708162828p:plain
単に作品を作るだけでしたら、どこかのカルチャースクールと同じになってしまいます。

でも、実際に販売する、お金を得る、生業にしていくためにすべきことを、利用者ご本人とスタッフで考えていきます。

販売促進のためにすべきことはなにか、いろいろと案を考え、それを実践していきます。
現在はネット販売を伸ばすためにすべきことは何か、、、、作成の過程をブログで伝えたり、宣伝方法を試案しています。
ひとつ、ふたつですが、、注文もぼちぼちと来るようになりました。
大量生産ではない、ひとつひとつ、心を込めたオリジナル作品でご好評いただいております。

販売サイトはこちら

graceflora.thebase.in

 

続いてはこちら。

f:id:jesd_shinyokohama:20170708163346j:plain


うん・・・これは?
はいはい、、イラストのラフを描いているところ。
これもA型の利用者のお仕事になっています。
こうやってラフを完成させ、パソコンで読み込み、編集して、カラーを入れて、、、

f:id:jesd_shinyokohama:20170708163419p:plain

はい!完成です。
この方は4コマ漫画を描いていて、実際に漫画家としてネット販売をしていた経験もあり、最近はJESDの通信やお知らせのイラストもお手伝いしてもらっています。

ちなみに、パソコンを打っている女性のモデルは実際の利用者の方、後ろで見守っているのが、パソコン指導をしている男性支援員という、実際の訓練の様子をかわいくイラストにしてくれました。

 

いかがでしたでしょうか?

せっかくご縁があって、JESD新横浜の就労継続支援A型で仕事をしていただいていますので、単に働く・・・ではなく、通所を通じて「生きる力」をつけていただき、「自立する気持ち」を培っていただくということが就労継続A型の使命であるとJESDは考えいてます。
こんな風に特技や能力ある方はそれが仕事と結びついていくことは理想ですが、そういう特技がない方でも、やらされ仕事ではなく、自ら主体的に仕事をしてもらうように支援させていただいています。

障害があろうとなかろうと、人生の中で多くの時間を仕事に費やすことになるわけですから、楽しく面白く仕事したいですよね。

 

ご興味のある方、見学は随時歓迎です。
ご連絡!お待ちしております。

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。