JESD | 日本うつ病就労移行支援協会 新横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 新横浜】の公式ブログです。

就労を目指す方必見!「面接官は何を聞く?」その答えは…|新横浜の就労移行支援【個別支援型】

|暑い日が続いておりますが、みなさんお加減いかがでしょうか。

職場内と廊下の温度差に恐怖を覚えている、JESD新横浜の杉崎です。

 

 さて、先日利用者さんの就職面接に同席させていただく機会に恵まれました。

そこで今回は、これから就労を目指すみなさんが必ずや突破しなければならない「面接」について少しお話しさせていただきたいと思います。

 

 面接に苦手意識を持つ方が非常に多いように感じます。

ではなぜそう感じるのか伺うと、「何を聞かれるかわからないから怖い」というお答えが返ってきます。

 

面接官が何を聞いてくるのかわかれば鬼に金棒ですね。

では面接官は何を聞くのでしょう。

答えは「面接官のみぞ知る」です。

 

自分の事を、まったく面識のない相手にわかりやすく伝える…これって面接の練習と称した短い時間で出来るようになるものでしょうか。

今や面接に際しての注意点など、インターネットを開けばいくらでも出てきます。

大切なのは、それが実践できるように普段から備えておくことではありませんか?

 

今まで何社か面接を受けに行った方のお話しや、今回の同行からまず聞かれると、何より最初に考えなければならないのは、「職歴を含めた自己紹介」と「ご自身の病気について」です。

前者は履歴書や職務経歴書を丸暗記ではなく、簡略した自己PRでなくてはなりません。

是非長所も盛り込んで頂きたいと思います。

そして後者については、おや?おかしいぞ、と最初に感じた時の兆しはどんなものだったか、診断された病気および飲んでる薬の内容をどう理解しているか問われます。

そして現在の体調と、不調時の様子(気分が落ち込む、ボーっとするなど)、それに対する対処法を明確に説明出来ることが非常に大事です。

皆さんが面接官の立場に立って、是非わが社に!と思う方はどんな方なのか考えてみても良いかもしれませんね。

 

ではどうしたらこれらのことを説明出来る様になるのでしょう。

ここで当事業所の方ならピンと来るはずです。

みなさんは「K-STEP」という言葉を耳にしたことはありますか?

具体的にはセルフケアシートを使い「体調を見える化」することで、病気や障害に対するご自身の理解を深めることが出来ます。

自分のことがわかっていないのでは説明することなど不可能ですね。

また日頃から人と会話をする際に、相手にわかりやすく、を意識するのも大切です。

f:id:jesd_shinyokohama:20170808150656j:plain

自分の取り扱い説明書をご自身で作れること、そしてそれをきちんと相手に伝えることが出来て初めて面接が怖くなくなります。

何を聞かれるかを心配するより、自己理解を深めることに是非時間を費やして欲しいと思います。

自分を知ることがいかに大事なことでそれがどれだけ大きな一歩であることかをご理解いただければ幸いです。